ネットで台本の製本依頼をするメリットデメリット

一般的な本とは違いますが、台本を必要としているところでは、それらを製本にしてもらえる業者を探している方もいらっしゃいます。例えば、ドラマや映画、舞台や演劇などでは昔から台本を使っていく仕事現場ですし、声優などのアフレコやラジオ などでも使用しています。また一般の方でも、各種イベントなどで使用することもありますので、一度は手にされた方も意外と多いものです。現場で使うとなると、やはり長期間の使用に耐えられるだけの耐久性が必要ですし、内容によってはページのボリュームも違ってきますので、自作をするのが難しい台本であれば、きちんと印刷をして製本までしてくれる業者に依頼をすることが一般的です。専門にしている業者だけでなく、普通の本を製造している業者や新規参入で扱っている業者などもありますので、適した業者を探していくのがよいです。

長い取引ができる信頼が出来る台本の製本業者を探す

インターネットで台本の製本を扱う業者を検索してみると、多くの業者が見つかります。さまざまな作業工程やかかる時間、費用の面なども違うでしょうから、ご自分が作ってもらいたい理想の台本に近い物を作れるかどうかは、各サイトを隅々まで見て吟味していくことがどうしても必要になってきます。初めて台本を依頼する業者が、しっかりとした製本にしてくれるところであることはとても重要です。今後においても継続的に発注をする必要がある場合だと、その業者とは初回の取引で信頼関係ができていますので、その後もスムーズな取引を続けていくことができますので、初回の業者選びは特に大事なのです。もしも業界の間で、信頼の置ける製本業者を知っている方がいるのであれば、その方に紹介をしてもらうというのも、良い業者選びにたどり着くひとつの方法です。

製本までの業者の違いを比較して依頼先を選ぶ

依頼する時には、台本の印刷と製本を一緒に依頼することになるのでしょうが、良い業者を探すときのポイントを考えてネットで調べる時には、それぞれの業者のホームページをしっかりと確認して違いを理解して比較をします。価格や対応をしてくれるサービス内容や、見積もりに関しても無料かどうかなども選ぶときのポイントです。サイトだけではわからなければ、いくつかの業者からの見積もりをとって、最終的な価格比較をすることをお勧めします。印刷でもカラー印刷やモノクロ印刷などがありますので、どのような仕上がりの台本にしたいのかを明確にして発注を考えます。また業者によってはオンデマンド機など新しい機器での印刷を扱うところもあり、より印刷のクオリティーが高い製本を作れるところもありますので必要に合わせて業者を選ぶことが大切です。

JR総武線「市ヶ谷」駅が最寄りです。演劇業界の顧客多数。上演用台本や販売用台本、「必要な時に必要な分だけ」を実現できます中小劇団や演劇サークルの皆様、お問い合わせをお待ちしています。冊子印刷お任せください!高品質な無線綴じから中綴じまで。オンデマンド印刷製本なら。バリアブル印刷対応可能!色んな種類をちょっとだけ刷りたいときは弊社をご利用くださいお電話でのお問い合わせは平日9時半から17時半まで初めての方も安心!台本製本なら三交社online