低予算で台本製本できる裏技とは

台本の印刷や製本などをしている業者に依頼する為の価格は一般的に部数が多ければ多いほど単価は下がり安くなります。部数がそこまで必要ない場合などは、小ロットの印刷からでも低価格で仕上げてくれる業者を探す事をオススメします。相場として紙のサイズや材質などにもよりますが、20ページの台本10部で2千円前後から100ページの台本100部で2万円前後となります。サイトなどにページ数と価格表などの掲載がある場合は依頼前に前もって確認をして問い合わせをします。仕上がりなどについても相談したい場合などは電話で問い合わせをし、仕上がり具合が想像と違っていたという事のないようにします。業者の中には仕上がり具合のチェックの為に一冊だけお試し製本をしてくれる業者もあります。注文の際にサンプルを頂けるのかを確認してみるのもオススメです。

台本印刷と製本をしてくれる業者を探すポイント

台本を印刷や製本してくれる業者を探すためにはネット利用をして検索し探すのがオススメです。ネットであれば探した各業者のホームページに対応内容や価格などを確認する事ができます。見積もりを無料で出してくれる業者が多い為、どの業者に依頼するか選ぶ場合は何社か選び見積もりを取り価格の比較をする事をオススメします。印刷もモノクロ印刷とカラー印刷などの種類がある為どういった仕上がりの印刷を希望するのかを決める必要があります。印刷をする際にオンデマンド機などの新しい機器を使用すれば、よりクオリティの高い印刷が可能となるので、見積もりや問い合わせの際にどういった機械で印刷してもらえるのかなど聞いてみるのも良いかと思います。印刷だけでなく紙の質を考える事も大切です。台本はキャストが台詞を覚える為に書き込んだり、練習などで何度もページをめくるものです。こういった想定をした上で丈夫な紙を選ぶのがオススメです。

台本印刷と製本のできる業者の選び方と注意する事

台本の印刷や製本をお願いする業者の中から、予算や納期、製本の綴じ方や紙質などの自分の希望に応えてくれる業者をピックアップしていきます。ピックアップした業者に見積もりを依頼し、製本にかかる費用が実際どれくらいの価格になるのかを確認し、どの業者に依頼するのかを決定します。印刷のレイアウトや製本の方法などが決定した時は最終確認通りに作業が行われるかを確認しておく必要もあります。少量の製本数であればミスの代償は小さく済みますが、製本数が多ければ多いほどミスの代償は大きくなります。時間などがない時であっても、きちんと作業が進むように心がけ工夫している業者を選ぶ事が大切です。また、印刷や製本を依頼する時に製本数が多くなる場合など、割引対象となる事もあるので、ピックアップした各業者の割引サービスなどを確認しておくことをオススメします。