台本を理想的に製本するための会社の探し方

ドラマや映画、舞台、ラジオ、バラエティ場組などの様々なエンターテインメントを制作する時には、司会進行をするために台本が必要となります。小さなイベントでも台本は必要です。その台本作りの専門にしている印刷製本業者も多く存在します。その中から、自分の台本にあった製本をしてくれる業者を探すのは大変ですが、ネットのホームページがある業者は、料金体系や作業の工程、過去の作品事例などを紹介しているので、色々な業者を比較して、自分の台本に合った製本業者を探してみると良いでしょう。台本を製本してくれる業者の選び方の基準は、ボリュームを考えることが必要です。少ないページの物でも依頼可能なのかどうか、1冊からの注文も受けてもらえるのか、費用面に関しても確認して、いくつかの業者を比較して下さい。良い業者が見つかるはずです。

台本を製本する時の費用の相場は

台本を印刷、製本してくれる業者を探すときは、インターネットを利用するのが一番良い方法です。ネットであれば、各業者のホームページを見て、金額や内容を確認することが出来ます。また、無料見積もりを行ってくれる業者が多数いるので、業者を選ぶ際は、複数の業者から見積もりを取って比較するのが良いです。印刷もカラー、白黒と種類があるので、どのような仕上がりにしたいかを決めておく必要があります。紙質も丈夫で耐久性のあるものがお勧めです。一般的に、台本を製本してくれる業者に依頼する時に掛かる費用は、部数が多ければ多いほど安くなります。相場は、紙質やサイズにもよりますが、20ページの製本10部で2000円前後、100ページの製本100部で20000円前後になります。仕上がりについて確認したい場合は、業者に問い合わせ、実際に見せてもらうのが良いです。

なるべく安く製本を依頼するには

最近は、インターネットで台本の印刷や製本が注文できる業者が増えてきました。そして、料金も安くなってきています。また、安く仕上がる方法の1つに、紙を束ねた背中の部分を糊で張り合わせる技術があります。これを無線綴じと呼びますが、無線綴じは本を180度開くことが出来ないため、手で押さえつけておかないと開いたままに出来ませんが、製本用の糊を高温で溶かして綴じるので、ページ数が多い台本にも十分な強度を持たせることが可能です。その他、糊を使用しない方法や、糸を使った方法などもあります。また、印刷をフルカラーではなく、モノクロにすることで価格を抑えることが出来ます。費用を抑える方法は色々ありますので、高いから良いというものではなく、用途に合わせて工夫すれば、費用も安く済みます是非、こちらを参考にして自分の理想に合った製本業者を見つけて下さい。