理想の台本製本をするため伝えるべき条件

台本とはドラマや映画、アニメや舞台演劇、ラジオなど様々な芸能に必要なものです。その種類によっては非常に分厚い台本になることもあれば、薄い台本になることもあります。例えば同じ30分劇でも、非常にセリフの多い劇であれば、100ページ近くになることもあります。役者さんは本当に大変ですが、1人が2ページ近いセリフを一度に話す事になるということもあります。ここで大切なことは、役者やスタッフなど劇や舞台に関わる人達が読みやすいことが最も大切ということです。高校演劇の場合はホチキス止めのコピー本での製本が多いですが、これは最も安く学校のコピー機を使うことで簡単に作ることができるからです。しかし職業にしている人であれば、それでは困る方も多いと思います。それはすぐに折れたり印刷状況によっては見にくく、劣化しやすいので持ち運びやできないからです。

台本の製本では何が最も重要なのか

読みやすい、劣化しにくい、カバンに入れて折れにくいというのは、分かりやすく言えば、ハードカバーの本は劣化しにくく保存しやすく、文字も大きいので読みやすいです。しかし持ち歩きがしにくいという難点があります。漫画や文庫本はその点持ち運びがしやすいですが、丁寧に取り扱わなければ本が折れたり曲がったりしやすいです。また紙の質も少し劣化するので書き込みには不適切です。ボールペンを使うと、紙が削れます。台本は書き込みも多く、役者さんによっては相当読み込みをする人もいます。もちろん移動時に簡単に折れたり、しかし開きにくいような製本では使いにくいものになります。台本の製本に携わっている印刷屋さんでは、このような点はよく知っているので、あとは完成品のサンプルを見せてもらい、納得できる製本をしている会社を探すことが大切です。

製本は色々な方法があるので台本の状況に合わせて選ぶ

最近の印刷は紙に書いた原稿を持ち込んで、顔を合わせて打ち合わせをする方法と、デジタルデータを渡して印刷をする方法があります。スピード重視の製本や、質重視の製本、金額重視の製本とさまざまですが、台本ですので、カラーイラストのような多色刷りになることはないはずですので、読みやすさ持ちやすさ書きやすさがメインになり、あとは急ぐのか、予算を考えるのかという点になります。ただ表紙にこだわる方はいるかもしれないです。最後に背表紙ですが、これが必要な理由は保管という点です。シリーズの台本であれば、読み返す必要がある場合もあり、そんな時普通の本と同様に並べて保管することで、すぐに探し出すことができます。まずは自分の最低条件を決めることです。イメージがわかない時は、完成品を見て考えてみることでイメージがしやすくなります。