激安インクを選ぶ理由

プリンターを使用していると、なんてインクの消費が早いのを痛感します。つい最近購入した気がするのに。こんなこと感じるのはわたしだではないような気がします。購入したばかりの頃は純正のみ近くの意文房具屋さんで順番に購入していました。次はセット購入、しかし、なぜか半端に種類が残ります。また単品購入します。お店のポイントは貯まるけど、費用がかさばります。ついネット検索します。だって1年間に消費するインクの料金はばかにならないですもんね。プリンターはお安いのに・・写真印刷はあまりしないし、簡単な印刷しかしないから、最近はとにかくお安い商品を探して使うことに決めてますが、時々不運にも不良品に出会うこともあり、やはり、純正か、価格で選ぶかと迷いながら、激安の商品を使ってみたり、純正を使用したりと揺れ動きながら選んでいます。

プリンタにあった激安のインクを使う

家庭用のパソコンが出だした時のプリンタはドットインパクトと呼ばれるタイプが主流でした。リボンカートリッジを取り付け、リボン部分を熱で溶かしながら印刷を行っていました。基本的には黒の印刷ですがカラータイプもあったようです。現在でもオフィスなどで部分的に使われています。パソコンが普及するにしたがってオフィス向け、家庭向けとして大きく分かれていきます。オフィス向けはレーザープリンタと呼ばれるタイプが主流です。高速印刷が可能で、トナーカートリッジを交換します。トナーは粉状になっています。家庭用はインクジェットと呼ばれるタイプで、カラー印刷を得意にしています。どちらにも激安タイプがあります。でもどちらも扱っている業者が多いわけではありません。ネット上では家庭用のタイプを扱っているところが多いかもしれません。

激安のインクは機種ごとに選ぶ必要がある

掃除機には紙パックを用いるタイプがあります。多くのメーカーから出されていて基本的にはそれぞれのメーカーごとに専用のパックを発売しています。でも各社共通として売られています。メーカー内ではある程度共通性を持たせていて、その他のメーカーどうしてではサイズを変更できるようになっています。そのためにメーカー、機種が異なっていても使えるようになっています。プリンターの激安のインクを購入するとき、まずはメーカーを確認します。さらに型番号を確認します。そしてそれがそのプリンタで使えることも確認します。同じような形をしていますがメーカーが異なれば互換性はありません。また同じメーカーでも機種によって互換性がない場合があります。せっかく購入しても使えないことになるのでもったいないです。よく似ている番号もあるので注意しましょう